永遠の清水義範トップページ清水義範の略歴と紹介文著作リスト(単行本と文庫本)検索と並び替えカルトクイズ掲示板関連リンク更新履歴と管理者の雑記
掲示板  検索  過去記事  使い方

永遠の清水義範の掲示板
情報交差点にようこそ!
あなたのご意見や清水義範に関する情報など、どしどしとお書き込みください。

投稿者:
題名:
内容:
URL:

全1417件の内、61件目から70件目までを表示しています。 前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

(無題) 投稿者:マエコ 投稿日:2008年10月16日(木) 22時30分12秒 この記事のURL
やっとかめでございます。

実は、先週のR25を読んでたら、ハカセをお見かけしたので、ご報告いたします。
(っていうか、R25を1週間も放置していた私って…)

「言いたい事を100%伝えきる!文章偏差値UP術」という記事の中で、文章のプロとしてアドバイスをしていらっしゃいます。
ちっちゃいコラムでしたが、見つけたときはおおぉ〜とうなってしまいました(^^)


もっと早く読んでいれば、まだ駅などに置いてあったかもしれないのに…。
すみません…。
http://r25.jp/magazine/invitation/1162008100901.html

題名が知りたいです 投稿者:きょろろ 投稿日:2008年10月10日(金) 18時15分24秒 この記事のURL
いつもHP楽しく見せて頂いています。
かなり前の清水さんの短編だったとおもうのですが、
面白かったのに題名や単行本名が分からずずっと探している作品があるので、知っている方がいたら教えてください。

-あらすじ-
銀行勤めの若者と、その叔父さんとの対話。
「銀行はお金を預かってくれてしかも利子までくれて親切だなあ。」「いや、それは運用といって他に少し高く貸したりしてるからですよ」「なに、勝手に貸したりしていたのか!」とか、「株なんてせずにくじ引きかなんかしてみんなで割り振ればいいんだ」といったとんちんかんな問答のあと、おじさんの目がキラッといっしゅうん光った気がした、で終わる作品。

金融や市場について突っ込んだ、面白い話だったと記憶しているのですが・・・。
どなたか知りませんか? 

NHK文化センター 投稿者:お隣のお茶の間 投稿日:2008年9月18日(木) 20時04分22秒 この記事のURL
いつもお世話になります。お隣のお茶の間の管理人Jです。
いつも応援して下さりありがとうございます。
今日はお知らせがあってお邪魔しました。
10月から3月まで月2回、NHK文化センターの青山教室で清水義範の教室があるそうです。
題は「文学は恋愛をこう語ってきた」で、
『「ハムレット」を始め「罪と罰」「桜の園」などの名作を読み、講師と楽しく語らい、人間を考える講座です。文学論を戦わすのではなく、文学を語らい楽しんでいるうちに作品のとりこになります。』とパンフにあります。
詳しくは、文化センターHPをご覧ください。
今後も宜しくお願いします。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_472196.html

NHK文化センターの青山教室で、清水義範講座「文学は恋愛をこう語ってきた」 投稿者:aki 投稿日:2008年9月17日(水) 20時27分20秒 この記事のURL
akiです。はじめまして。名古屋の小学校教員です。清水義範ファン歴は長いです。
こんな講座を見つけました。
 NHK文化センターの青山教室で、清水義範講座「文学は恋愛をこう語ってきた」が、10月より3月まで月2回行われるそうです。
「世界文学必勝法」は、とっても面白かったです。その中に出てくる恋愛模様でしょうか。どんなお話が聞けるのでしょうね。

車内百態 投稿者:江夏 投稿日:2008年8月24日(日) 19時36分23秒 この記事のURL
>きよこさま、
「たまごかけごはんの本」は寡聞にして存じませんでしたが、
>>たまごかけごはん365種類のレシピが載っているのですが,最後のほうは大変なことになってて笑えます。
 「最後のほうは大変」なんて、あんなシンプルな料理(?)なら無理はありませんけれど、なんだか、清水先生の短編みたいですね(笑)。
 江戸時代には「豆腐百珍」「たまご百珍」のように「百珍」ものと呼ばれる料理書がいろいろ出されたそうですが、そういうものの中にも「最後は大変!」というようなものはあったのでしょうか。

 ところで、最近、電車通勤の最中に気がついたこと。
 シートに座っている方々のほとんどが眠っていらっしゃいます(特に朝方)。
 まったくの他人同士の老若男女が、相愛の恋人同士でも人前でその格好ではくっつかんゾ、というような格好でもたれあって眠っている場面を目撃することも珍しくありません。
 でも、不思議にその組み合わせのなかで、男性同士で靠れあっているのって、見たことないんですよ。
 これって、やっぱり隣の人間が同じ男だったら靠れかかりたくない、って無意識にコントロールしていらっしゃるのかしら。
 いかがでしょうか、男性の皆さま?

醤油派 投稿者:きよこ 投稿日:2008年8月9日(土) 00時36分28秒 この記事のURL
こんにちは。
文学史や世界史の基礎知識があまりに貧弱なので(カタカナの名前がどうしても覚えられなくて授業は赤点すれすれでした),最近のハカセの本を楽しみきれてなくてちょっと悔しいところです^^。いや勿論読めばそれなりにフンフン,クスッと思うのですが,元ネタが分からないといかんとも。

>江夏さま
御存知でしょうか,「365日たまごかけごはんの本」978-4990378806
http://365tkg.com/?mode=f1
たまごかけごはん365種類のレシピが載っているのですが,最後のほうは大変なことになってて笑えます。

ちなみに私のベーコンエッグは,ごはん時は醤油味です。ごはんと卵のとろっとした黄身にはやはり醤油があると嬉しいのです。日本のベーコンはそんなに塩気ないので見逃してください^^;)。パンの時は黒胡椒をガリガリ落としてそのまま食べます。
(尚,アジフライはソース派です)

ソースVS醤油ふたたび 投稿者:江夏 投稿日:2008年8月6日(水) 13時17分50秒 この記事のURL
毎日暑い日が続きますね。
おかげで食欲がなく、夏ばて気味でふらふらしています。

「食と健康」という雑誌(ISSN 1348-2513)の最新号2008年8月にちょっと面白い記事を見つけました。
NTTデータ ライフスケープマーケティングの斎藤隆氏とおっしゃる方が同社の「食MAP」というデータベースのデータを元に「ニッポンの食卓新常識」という連載をしておられます。
「第8回 料理に使われる調味料は?」に清水ファンには気になる記載があります。

問1:「目玉焼きによく使われる調味料は?」
答 :しょうゆ(37%)、塩(20%)、Tソース(7%)、マヨネーズ(2%)

問2:「ベーコンエッグ」によく使われる調味料は?」
答 :しょうゆ(33%)、塩(14%)、ソース(7%)、ドレッシング(5%)、マヨネーズ(3%)

 どちらもしょうゆの利用が多いですよね。
 それに、個人的に「目玉焼き」はともかく「ベーコンエッグ」にお醤油を使うというのは意外でした。
 英国で民宿に泊まった時、朝食時に「あなたは日本人だから、お醤油を使いますか?」とベーコンエッグに添えて出されたことがあります。
 その時は「ベーコンの塩味だけで十分ですから。」と謝辞して(ベーコンエッグに醤油は普通、使わないよねえ。英国人はわかってないな)と思ったものですが、使う方、いらっしゃるんですね。スイマセン(笑)。
 ちなみに私は目玉焼きにはしょうゆかケチャップ。
 ベーコンエッグにはケチャップです。
 上記2問にケチャップが登場しなかったのは意外です。

 ちなみに問題は第10問まであります。
 残念ながら我らが(?)「アジフライ」はありませんでしたが、
問3:「冷奴によくかける調味料は?」
答 :しょうゆ(62%)、ポン酢(12%)、麺つゆ(9%)、キムチ・ザーサイなどの漬物(3%)、ドレッシング(2%)
 で醤油の圧勝。
 あとの7問は
問4:「納豆に卵を入れて食べる割合は?」
問5:「納豆によく使われる野菜のベストは?」
問6:「ツナ缶詰を1年に1回以上使った家庭の割合は?」
問7:「ツナ缶詰がよく使われるメニューのベスト5は?」
問8:「大豆(乾燥豆)がよく使われるメニューのベスト5は?」
問9:「大豆水煮パックがよく使われるメニューのベスト5は?」
問10:「飲料以外で、牛乳がよく使われるメニューは?」
でした。
http://www.nttd-lism.com/smap_guide/smap_guide_top.htm

講演会補足 投稿者:だあち 投稿日:2008年7月2日(水) 10時16分48秒 この記事のURL
リンク先をつけるのを忘れていました。

https://www.ask-net.jp/summer/search/

是非ご参加ください。よろしくお願いします。

名古屋で講演会 投稿者:だあち 投稿日:2008年7月2日(水) 10時14分39秒 この記事のURL
はじめまして。名古屋で高校教師をしております「だあち」といいます。。
根っからの清水マニアで著作はたぶん全冊持っております。今後お見知りおきを。
さて、この7月20日、名古屋で行われる「愛知サマーセミナー」にて、清水義範氏が特別講師として講演会を実施します。
会場は椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス、時間は午後2時から。
ただし、会場は変更があるかもしれませんので、参加される方はリンク先で確認をしてください。
参加費は無料。講座タイトルは「作文を好きになる法、させる法」。
小中高の生徒さんや、学校の先生などが一応の対象ですが、どなたでも受講できますので、どしどしご参加ください。

恥ずかしー!! 投稿者:肘江田津比子 投稿日:2008年6月27日(金) 19時52分24秒 この記事のURL
>管理人さま

NGワードを平然と書きたれてしまって、ものすごくごめんなさい。
何度投稿しても「現在、投稿できません」と表示されるので、
何でだろうなあ、回線の不具合かなあ、ブラウザの不具合かなあ、
などと思案しておりましたが、何のことはない、人間性の不具合でした。
そろそろ修理に出します。

全1417件の内、61件目から70件目までを表示しています。 前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ


| トップ | 清水って誰 | 著作リスト | 作品を探す | クイズ | 掲示板 | リンク | 更新メモ |

永遠の清水義範 Shimizu Yoshinori Forever