永遠の清水義範トップページ清水義範の略歴と紹介文著作リスト(単行本と文庫本)検索と並び替えカルトクイズ掲示板関連リンク更新履歴と管理者の雑記
掲示板  検索  過去記事  使い方

永遠の清水義範の掲示板
情報交差点にようこそ!
あなたのご意見や清水義範に関する情報など、どしどしとお書き込みください。

投稿者:
題名:
内容:
URL:

全1417件の内、41件目から50件目までを表示しています。 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

立川志の輔さんが 投稿者:江夏 投稿日:2009年6月1日(月) 13時19分02秒 この記事のURL
毎日新聞5月31日の書評欄「今週の本棚」の「私の好きなもの」(p11)は立川志の輔さんのご執筆でした。
「好きなもの」の第一番に「清水義範先生の作品」をあげておられます。

おめでとうございます 投稿者:KON太 投稿日:2009年5月26日(火) 17時33分39秒 この記事のURL
本日(5月26日)、第62回中日文化賞の贈呈式だったようです。
本当におめでとうございます!
受賞のことばが中日新聞のサイトに載っています。

また、6月から同じく中日新聞朝刊に「川のある街−伊勢湾台風物語」が連載されるそうです。
http://www.chunichi.co.jp/article/release/CK2009052102000154.html
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009052602000264.html

最近P.G.ウッドハウスに凝っています 投稿者:江夏 投稿日:2009年5月14日(木) 20時10分18秒 この記事のURL
 このごろ英国出身の劇作家・小説家のP.G.ウッドハウス氏の作品に凝っています。原文の英語にはとても歯が立たないので、この数年、素晴らしい日本語訳(文藝春秋社の岩永・小山訳と国書刊行会の森村訳)が出版されて嬉しいです。
 そのうちの1冊「ジーヴスと封建精神」(森村たまき訳、国書刊行会、2008.9)の前書きから
「 ここ四十年くらい、私は献辞とはすっかりおさらばしている。あんなものにはうんざりだ、という言葉に、私の態度は約言されようか。(中略)つねにそうだったわけではない。世紀転換期の頃にさかのぼれば、私や他の青年たちは、自分の書いた小説が裸同然で世に出るくらいなら、スパッツをつけずに表に出た方がましだと思ったくらいだ。献辞とは、われわれが思い切り奮発する場であった。私は一度、ぜんぶ献辞だけでできている小説を構想したことがあるが、それにつける献辞が思いつかずにあきらめたものだ。」
 この後「献辞」のサンプルがいくつか続いて、前書きになっているのですが、笑えたのなんの。
 まるで清水先生の短編みたいでしょう(笑)?
 ちなみに、ここでの「スパッツ」は「レギンズ」とも呼ばれる現代の服ではなく、昔の紳士が足首に巻いたものです。


>おっさん、
 中日文化賞の記事のことを教えてくださってありがとうございました。
 清水先生、おめでとうございます。


>やまーちょさん、
 公開授業の情報をありがとうございました。
 少々遠くても参加したいのですが、東京で別の講義に参加するため、残念ながら行けません。


 参加なさる方のご感想を伺うのを楽しみにしています。

中日文化賞 投稿者:おっさん 投稿日:2009年5月8日(金) 15時45分40秒 この記事のURL
こんな記事がありますが、話題になっていないようなので。
http://www.chunichi.co.jp/article/release/CK2009050302000047.html

公開授業 投稿者:やまーちょ 投稿日:2009年4月13日(月) 18時13分04秒 この記事のURL
題名の件、参加方法を群馬県立女子大学に確認しました。
先日の投稿を見て参加を検討されている方がいらっしゃるかも、と思ったので投稿しておきます。

事前申請・登録をしなくても、当日直接会場(同大学の講堂)に行って、そこで受付をしてもらえれば参加できるそうです。
また参加費はかからないとのことでした。

問題は、ちょっと遠いってところですかね。。。
http://www.kitamura-tei.com/

公開授業「言葉の乱れは悪い事か?」 投稿者:やまーちょ 投稿日:2009年4月7日(火) 23時11分33秒 この記事のURL
はじめまして初書込です。

来月5月16日に、群馬県立女子大学にて清水義範先生が「公開授業」の講師をされるようですが、こちらにお集まりの方でご参加される方はいらっしゃるでしょうか?
http://www.gpwu.ac.jp/ext/class/21/jpncul.html

流れを乱すようで申し訳ありません。
http://www.gpwu.ac.jp/ext/class/21/jpncul.html

「愛と日本語の惑乱」 投稿者:江夏 投稿日:2009年4月6日(月) 15時33分48秒 この記事のURL
 面白く読了しました。
 私には、第三部の差別語問題が一番興味深かったです。
 職業名の差別語指定は有川浩さんの小説「図書館戦争」でも「床屋」か「理髪店」かの問題がとりあげられていて(しかも当の業界の方々ご自身はご存じないという)「要は放送界・出版界の安易な責任逃れなのではないか」と考えた問題でした。
 筒井康隆氏の「言葉狩り」問題のときにも感じたことですが、個々の文脈を丁寧に読み解いて解釈する前に既に保身に回ってしまっているのですね。
 「〜屋」という職業名にNGがでるのは、士農工商制度の影響で商人を下に見るという風潮の逆の表れなのでしょうか。
 たしか、石川英輔氏の小説「大江戸シリーズ」の中に「関西では『寺子屋』というが『屋』をつけると商売人のようで失礼だから、江戸では『手習い師匠』と呼ぶのだ」という記述があった覚えがあります。
 ・・・それで少々しょうもないことを考えました。
 ディーク東郷氏の職業名というのは、あれは、なんとお呼びするのが政治的に正しいのでしょうかね(笑)。

ちらちらさんありがとうございます 投稿者:とらち 投稿日:2009年3月28日(土) 11時16分20秒 この記事のURL
わたしの質問にお答えくださり、ありがとうございます。太宰治にどこが似ているかというと、いずれも複数の人間の気まぐれで一応ひとつの物語を作るという点です。太宰治の方はラプンツェルを外枠にして、ある家族がそれぞれの趣味に応じて勝手な人物像をつくり物語を迷走させてゆきます。
わたしは清水義範のこの小説のことを突然、思い出しましたが、タイトルが浮ばず、数日間、苛々いたしました。近所の図書館で借りて読んだ本はこうしたことが多くて困るので、気に入ったものは自前で所持するようにいたします。
これでゆっくり眠れます。
ありがとうございました。

Re:教えてください 投稿者:ちらちら 投稿日:2009年3月27日(金) 23時20分07秒 この記事のURL
>町内会の人たちが次々に一つの物語を書き上げてゆくという
国語入試問題必勝法に収録の人間の情景です。
あれめっちゃおもろいよね。
太宰治の「ろまん燈籠」に似てるんですか。
てことは人間の情景ってハスティーシュなんかな?
管理人さん、どうなんでしょ?

教えてください 投稿者:とらち 投稿日:2009年3月27日(金) 12時25分52秒 この記事のURL
以前に読んだ短編で、町内会の人たちが次々に一つの物語を書き上げてゆくという、太宰治の「ろまん燈籠」に似た作品がありました。この作品タイトルと掲載されている本のタイトルを教えていただけませんか。

全1417件の内、41件目から50件目までを表示しています。 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ


| トップ | 清水って誰 | 著作リスト | 作品を探す | クイズ | 掲示板 | リンク | 更新メモ |

永遠の清水義範 Shimizu Yoshinori Forever