永遠の清水義範トップページ清水義範の略歴と紹介文著作リスト(単行本と文庫本)検索と並び替えカルトクイズ掲示板関連リンク更新履歴と管理者の雑記
掲示板  検索  過去記事  使い方

永遠の清水義範の掲示板
情報交差点にようこそ!
あなたのご意見や清水義範に関する情報など、どしどしとお書き込みください。

投稿者:
題名:
内容:
URL:

全1417件の内、51件目から60件目までを表示しています。 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

お薦め見てみたいです 投稿者:きよこ 投稿日:2009年3月13日(金) 21時20分02秒 この記事のURL
ご無沙汰しております^^。
書き込みしそびれておりましたが、近作では「愛と日本語の惑乱」がめっちゃくちゃツボりました。ここ数年の作品の中では特に好きです。
清水ハカセの作品にはそれほど登場してこなかったカテゴリの言葉たちが、ハカセの手にかかるとこうなるかぁなるほど*^^*、と非常に楽しめました。奇病が登場するフィクションには「無茶な飛躍や通常の医学的思考回路に反する進行」がままありますが、本作は嘘臭くなく医学的には有り得るストーリーである点も非常に好感度高いです。自分は絶対なりたくないですけど…^^;)。
変化に寛容というか変化をネタに楽しむ余裕が師匠の魅力でしょうか。

スイス映画ってどこで見られるのでしょう、今度探してみようかなと思いました。

「マルタのやさしい刺繍」 投稿者:江夏 投稿日:2009年3月13日(金) 16時03分17秒 この記事のURL
スイス映画「マルタのやさしい刺繍」を見る機会がありました。
詳しいストーリー等は公式サイトで読んでいただくとして、7文字以内でまとめると「何歳でも可能性」です。

私の前の座席の年配の女性ふたりも「見てよかった。元気がでるね!」と作品に満足なさったようす。

私も同様。また、そのおかげか「やっとかめ探偵団」の新作が読みたくなりました。
http://www.alcine-terran.com/maruta/

1980年代の愛読者が思う 投稿者:あき太 可奈 投稿日:2009年3月12日(木) 15時58分15秒 この記事のURL
1980後半〜1990年前半の氏の作品を購読・愛読し、友との酒談の肴に愉快なひと時を持ったものです。
以降の作品はその多作ぶりによるのか内容・方法・展開などが軽く、繰り返しが多く辟易し書棚からも購入も遠うざかりました。
約20年を経て再読を開始したところ「蕎麦ときしめん」「国語入試問題必勝法」「猿蟹の賦」など当時の作品は相変わらずの感興です。
2000年代に入っての多くの氏の作品に挑戦し、日本語、言葉、教育への真摯な考察、提言、指摘などあき太可奈にとって発見、同感、感謝の作品も数多くありました。
しかし、あいも変わらずのウーム!?という作品が多いな、勿体無いなとの読後感です。
ある種の名声と富をもって還暦を迎えられた氏がジックリ腰を据えて1作品/1年くらいのペースで活躍をしてもらいたいものです。
氏の才能・博識・好奇心をもってすれば文学史に刻まれる作品が生まれると確信するのです。
****
それにしても一連の西原理恵子さんとの共作(?)が分かりません。
西原女史がどいう方か存じませんが、女史の本文とは関係が薄い挿画が邪魔・不快です。
挿画は本文の補強か清涼剤であるべきです。(この挿画は下剤とも言っていいでしょう)
女史の挿画が入っている頁の本文はスキップしましたが何が書かれていたのでしょう?
挿画(装画)なしの再版再販を願うばかりです。挿画なしの当該作品再販の折は再購入します。
なにか氏の作品「発言者たち」「投稿者たち(?)」みたいになってしまいました。

清水祥太のおもしろくても塾 投稿者:きよみずしょうた 投稿日:2009年3月8日(日) 11時14分55秒 この記事のURL
20年ほどまえから清水さんの小説を楽しく読んでいます.

清水さんへのオマージュのつもりでいくつか書いてみました.
http://home.netyou.jp/aa/fairport/sandy/kiyomizu_juku.htm

パスティーシュ対談 投稿者:KON太 投稿日:2009年1月26日(月) 18時57分47秒 この記事のURL
皆さん、いつも情報ありがとうございます。
新聞記事つながりで検索してみたら、以下の2つも見つかりました。


パスティーシュ対談といえる架空対談が産経新聞1月4付けに掲載されていたようで、今ならWEB上で読めます。

生誕100年 太宰治VS.松本清張 架空対談
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090104/bks0901040854000-n1.htm


こちらは直接は関係ないですけど、アニメのやっとかめ探偵団をモチーフにした仮想商店街を通して、全国に名古屋ブランドをアピールするサイトのようです。

やっとかめiらんど
http://www.yattokame.net/
↑音が鳴ります
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090104/bks0901040854000-n1.htm

大統領演説必勝法 投稿者:江夏 投稿日:2009年1月25日(日) 11時13分18秒 この記事のURL
 1月22日付けの、中日・東京新聞のコラム「春秋」が「米国の大統領就任演説を7文字以内でまとめよ」という「国語入試問題必勝法」からの引用で始まってますね。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2009012202000071.html

ありがとうございます 投稿者:きょろろ 投稿日:2009年1月12日(月) 19時30分23秒 この記事のURL
源冶郎さん、どうもありがとうございます!!
すっきりしましたぁ!

賛辞 投稿者:Showryu4 投稿日:2009年1月5日(月) 21時52分07秒 この記事のURL
本日より日経夕刊プロムナードの月曜担当として登場。
エド・はるみについての表現は実に的確。テレビと言う本来はメディアに、本来は登場してはいけないレベル以下の人間達が跋扈している嘆かわしい現実の例として、本来はタレントのかけらもない、不器用で気の小さい女が悪ハシャギのマネをしなくてはならない状況の無残さ。不気味さ。もっと叩きまくってくれ。

お答えします 投稿者:源冶郎 投稿日:2008年12月18日(木) 22時56分58秒 この記事のURL
 きょろろさんがお探しの短編は文春文庫『ナウの水びたし』に収録されている「お金大好き」です。
 清水さんお得意のエッセイから掌小説へと進む構成の短編が集められた『ナウの水びたし』は僕も好きです。

愛と日本語の惑乱 投稿者:よこ 投稿日:2008年11月30日(日) 23時54分08秒 この記事のURL
最高に面白かったです!!
2008年度ベスト本入り決定しました!

最近感じていたのは、
最近の若い子はよく、
「もはや・・・」を頻繁に使う。
用語的に正しい時も正しくない時もあるけれど、
わたしの若い頃はそんなに使っていなかったような。

日本語ってやっぱり面白いと再確認しました。

偶然本屋さんで手にしたのですが、
清水さんって「大人のための文章教室」のイメージがあったので、小説も書くと知りうれしかったです。
今後も引き続きチェックします!!

全1417件の内、51件目から60件目までを表示しています。 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ


| トップ | 清水って誰 | 著作リスト | 作品を探す | クイズ | 掲示板 | リンク | 更新メモ |

永遠の清水義範 Shimizu Yoshinori Forever