永遠の清水義範トップページ清水義範の略歴と紹介文著作リスト(単行本と文庫本)検索と並び替えカルトクイズ掲示板関連リンク更新履歴と管理者の雑記
掲示板  検索  過去記事  使い方

永遠の清水義範の掲示板
情報交差点にようこそ!
あなたのご意見や清水義範に関する情報など、どしどしとお書き込みください。

投稿者:
題名:
内容:
URL:

全1417件の内、91件目から100件目までを表示しています。 前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

そばときしめんを読んで 投稿者:玉腰輝夫 投稿日:2007年9月27日(木) 06時39分15秒 この記事のURL
名古屋できしめん屋を営んでいます そばときしめんと言う本が
本屋さんに並んでいるので 中身も見ないで商売の参考にと買ってきました。 読んでみてびっくり何だこりゃ初めは本当の事だと思い読んでいました。 商売の参考には成らないけど3回も読み返しました 私の店のHPの題名は食べられないきしめんと言います
http://ns.to/iwasyou

先生髪型どうされた 投稿者:よちこ 投稿日:2007年9月18日(火) 01時15分33秒 この記事のURL
「清水先生」見逃したのでせめて様子だけでもとnhkのサイトにお邪魔したら。ヘアスタイルが奇妙でございます。の、伸ばしてるのですか。書道の大家みたいでございます。こんな事書いてすみません。でも、どうか無理せず自然に年を取ってください。
よろぴく。

夢のまた夢 投稿者:肘江田津比子 投稿日:2007年8月18日(土) 22時15分52秒 この記事のURL
「ドン・キホーテの末裔」、拝読いたしました。
一冊の本を読んだというより、山に登ったとか、テーマパークに行ったというのに似ている気もします。清水さんには毎度魅了され、本当に楽しい思いをさせていただいております。
色々感想を言いたくて仕方がないのですが、興奮しすぎて言葉が出てきません。
とにかく、してやられました。
私は小説家ではありませんが、とっても嫉妬しております。

時伝票 投稿者:江夏 投稿日:2007年8月6日(月) 12時41分22秒 この記事のURL
 先日、仕事をしていた時のこと。
 売り上げ伝票を「いちま〜い。にま〜い。」と数えていたら、お客さんのひとりが出てゆかれるところでした。
 今、外資系のレジャー施設で働いていて、お客さんとの会話は英語ですることが多いです。
 で「Thank you!」と声をかけようとしたら、ちょうど伝票を十五枚まで数えたところだったんです。
 そう、ご想像の通り、私の発したのは「Than じゅうご(さんじゅうご)」という掛け声(?)でありました。
 

「ドン・キホーテの末裔」が届いたので、これから読み始めます。まだパラパラめくってみただけですが、すごく面白そうです。

見ました 投稿者:きよこ 投稿日:2007年7月22日(日) 00時29分43秒 この記事のURL
「清水先生」がついについに学校の教壇に!
もともと好きな番組なので楽しみに待っていました。
生徒たちいい表情してましたね。いい企画だったなぁと思います。
(と名古屋語で書けたら面白いのですが,ネイティブじゃないとやはり違和感が出ちゃうんですよね)

ようこそ先輩 投稿者:マエコ 投稿日:2007年7月12日(木) 01時36分37秒 この記事のURL
放送、楽しみですね(^^)
でも生徒が書くのは「手紙」なんだ…。
作文じゃないのね(笑)

どえらけにゃあ 投稿者:通りすがり 投稿日:2007年7月10日(火) 11時55分46秒 この記事のURL
楽しみ
ハカセの名古屋弁を聞くのが初めてですし
生徒が書く手紙へのコメントも興味深々

http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/next/next.html

これはひどい 投稿者:おっさん 投稿日:2007年7月4日(水) 15時45分22秒 この記事のURL
>とおりすがり さん
久々の投稿ですが、これはひどい。軽妙な解説とおもしろい例文に清水さんの持ち味があると思うのですが、まんまですねえ。犯罪ですね。

義範さんは大ファンです。 投稿者:とおりすがり 投稿日:2007年6月22日(金) 08時02分39秒 この記事のURL
こんなページを見つけちゃいました。
http://galpop.hal55.com/nagoya_dic/top.htm

どう考えても義範さんの名作『笑説大名古屋語事典』のパクリサイトです。
さも自分の知識のように書いているあたりが許せない…

講演会行ってきました 投稿者:きよこ 投稿日:2007年6月10日(日) 23時31分32秒 この記事のURL
貴重な機会,嬉しかったです。
文字を読んで何故笑えるか,フンフンと興味深く聞かせて頂きました。権力を茶化す,というのは確かにそうなんですが,それをやっても何故か嫌味がなくて読んだ後の後味がいい,というのが清水小説の不思議な魅力だと思うし,惹かれてずっと読み続けてきた理由の一つだと思います。少し前から気付いていたいい意味での「毒のなさ」,講演中にも言及されていてなるほどなぁと思いました。人間大好き,て笑えることだし素敵なことだなと思います。
そして滅多にない生語りの清水ハカセ,あの作品たちはやっぱりこのお人柄から生まれるんだなぁ^^,と嬉しい気分になりました。
今回は会場質問もかなりの読み手の方がしてらして,聞いていて楽しかったです。某SNSの清水コミュニティは講演内容をきっちり100字で要約する遊びで盛り上がってますし,ファンもクオリティ高いぞなんかこういうのいいなぁ^^,と思った次第です。
頂いたサイン,ちっこい額に入れて机に飾ってあります。行ってよかった。
ところで。
この掲示板に参加させて頂いたのは,ログを繰ってみたらかれこれ7年前。以来たまに文字だけのやりとりのあったマエコさん,江夏さんと会場で初めてお目にかかることができました。お会いする機会なんてないだろうなと思い込んでいたので,長い時を経てお引き合わせ頂いたという点でも嬉しいイベントでした^^。ひょっとしたら他の方も会場にいらしていたのかしら?
実行委員さんもお疲れさまでした,素敵な企画をありがとうございました。

全1417件の内、91件目から100件目までを表示しています。 前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ


| トップ | 清水って誰 | 著作リスト | 作品を探す | クイズ | 掲示板 | リンク | 更新メモ |

永遠の清水義範 Shimizu Yoshinori Forever