永遠の清水義範トップページ清水義範の略歴と紹介文著作リスト(単行本と文庫本)検索と並び替えカルトクイズ掲示板関連リンク更新履歴と管理者の雑記
掲示板  検索  過去記事  使い方

永遠の清水義範の掲示板
情報交差点にようこそ!
あなたのご意見や清水義範に関する情報など、どしどしとお書き込みください。

投稿者:
題名:
内容:
URL:

全1417件の内、31件目から40件目までを表示しています。 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

「週刊文春」読みました 投稿者:江夏 投稿日:2010年2月21日(日) 13時43分51秒 この記事のURL
 きよこさん、情報をありがとうございます。
 「白いんげんのトマト煮」は「クル・ファスリエ」という煮込み料理でしょうか?
 美味しそうですね。
 漫画家・高橋ゆかりさんのコミック・エッセイ「トルコで私も考えた」中の「乾燥インゲン豆の量を多めに間違えてしまい、どんどん膨れる豆のため、食べても食べてもなくならなかった!」というエピソードをよく覚えています。
 清水先生は、これに「ピラウ」(トルコの炊き込みご飯)を添えて召し上がったりなさるのかしら?
http://heislookingforthefamily.web.fc2.com/index.html

週刊文春 投稿者:きよこ 投稿日:2010年2月19日(金) 03時04分56秒 この記事のURL
ご無沙汰しております。
職場に無造作に置いてあった週刊文春2/25号の裏表紙を何となくめくってみたら、なんとコラムが^^。わーい。
「おいしい!私の取り寄せ便」というコーナーで、「白いんげん豆の水煮缶」をお薦めでした。トルコ料理に使うのだそう。トルコ旅行の話といんげん豆トマト煮の写真がついて美味しそうです。

「夫婦で行くイスラムの国々」は私もとても興味深く読み楽しませていただきました。こういう話のふくらみ方で世界史の授業が面白く進んだら、テスト20点で追試にならなくて済んだかもなぁ(違)。

「夫婦で行くイスラムの国々」 投稿者:江夏 投稿日:2009年12月19日(土) 12時00分32秒 この記事のURL
を読了しました。
大変楽しく読ませていただきました。
また、世界史の副読本にするべき本ですね。イスラム社会のことはほとんど習いませんから。

個人的に一番印象深かったのが「東トルコ編」
猫狂いの私は、ぜひ一度、生きているヴァン猫をみたいとかねてから切望しておるのです。清水先生、ご覧になれたなんて、いいなあ。
それから、香辛料の「スマク」をまとめ買いなさったことを「フランス人がお茶漬けのりを何袋も買うようなもの」という喩は絶妙。「日本文学全集」の「東海道中膝栗毛編」の「外国語を話すアメリカ人はエスペラントを話すイカ並みに珍しい」と並んで忘れられないフレーズです。
「夫婦で行く・・・」を読み終わった後「新アラビアン・ナイト」も読み返してしまいました。
私は「新アラビアン・ナイト」と高橋ゆかりさんのコミック・エッセイ「トルコで私も考えた」でトルコ料理に興味を持って、トルコ・レストランに行くようになりました。
清水ご夫妻のように、自分で作るところまではいっておりませんが。

「名古屋弁 使わないが6割」 投稿者:江夏 投稿日:2009年12月4日(金) 12時22分32秒 この記事のURL
中日新聞ネット版12月3日付けの記事を見つけました。
「清水先生を推進委員会の委員にすれば・・・」と考えたのは、どうやら私だけではないようで、ネット上にいくつか同種の書き込みを見つけました。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20091203/CK2009120302000033.html?ref=lcrk

清水義規のなごやキーワード事典 投稿者:江夏 投稿日:2009年11月22日(日) 11時52分35秒 この記事のURL
http://mainichi.jp/chubu/keyword/news/20090828ddq012070005000c.html

うっかりしてネット連載されているのを存じませんでした。

MONEY 読了 投稿者:たぬき 投稿日:2009年10月5日(月) 18時40分38秒 この記事のURL
なんか、過疎ってますね・・・・・
また。感想文です

 お金に関する小説を集めた短編集ということであれば、ほどほどの話が集められていて、可もなく不可もなくというところでしょう。しかし、全8編は色々なタイプの話で、それらのどれかが読者の性格と一致している可能性もあるのではないでしょうか。そういった完全主義みたいな試みかもしれません。想像が当たっていれば一短編は長編『マネー』の一章ということでしょう。うまいものです。まぁ、考えすぎでただの短編集としても読んでいて飽きさせない力は感じます。

イマジン 読了 投稿者:たぬき 投稿日:2009年9月22日(火) 14時22分36秒 この記事のURL
 お初です。宜しくお願いします。

イマジン読了。いやぁすごいですね。どうしてこんなに文章がうまいのでしょう?テーマは父子愛ですよね。それをさらっとSF仕立て。余計な逸話は一切無いし、提出された問題点は全て解決されている。つまり過不足が全く無い。それでいて500枚を超える長編だからすご過ぎ。
 枚数の消化で無駄な挿話や薀蓄を書き並べるベストセラー作家には見習ってもらいたい。
 SFとしては読めばやや物足りなく感じる人もいるかもしれないけれど、テーマから考えれば減点すべき所が見当たりません。脱帽です。言葉遊びがうまい作家だなぁ、とは思っていたけど、今回は構成の点から素晴らしいと感じました。
 まだ20冊くらいしか読んでいませんが、ちょっとピッチを上げて読みたくなりました。

「学校よりおもしろい社会科」 投稿者:マエコ 投稿日:2009年7月25日(土) 01時05分58秒 この記事のURL
まだリンクが貼っていないようだったので、ご紹介しておきます(^^)
青い鳥文庫のwebサイトで連載が始まりました。イラストはもちろんサイバラ画伯。久々のコンビ復活ですよ。
http://shop.kodansha.jp/bc/aoitori/special/syakaika/index.html

「私が泣いた映画」を読んで 投稿者:バーグマンにあこがれる今日が誕生日のちょいばば 投稿日:2009年6月16日(火) 04時41分50秒 この記事のURL
はじめまして、そしてごめんなさい。清水先生のこと文春のSPEEAL号ではじめてしりました。ご活躍中の方の「私が泣いた映画」についての特集文を読んで、私も先生と同じ、「禁じられた遊び」「自転車泥棒」「8月のクリスマス」にとても感動した一人です。自分の好きな映画を共有できる人に出会えたことにとても感動してます。イタリヤ映画の最初の2つの作品は有名なので、けっこう知っている人が多いとおもいますが、「8月のクリスマス」はTVの深夜ドラマで見ました。淡々とストーリーは進行していきますが、ちょっとした純愛のストーリーの期待をしていたのですが、本当にドキメンタリーかと思うくらいあっけない映画でした。けれども終わった後に涙がどんどん流れてとまりませんでした。「禁じられた遊び」もそうでした。「自転車泥棒」は被害者から一転して加害者になってしまった一人の戦争の犠牲者、なにも戦争でけがをするだけが被害ではないのだということを痛切に感じました。この3件の映画には共通する何かがあると思いました。映画が終わった後でもせつなくて、後を引く、いつまでも忘れられない、(映画の全部を覚えているわけではないのですが、)私自身もこれらの映画を見れて(出会って)本当によかったと思います。わたくし事ですが、身近な方ががんで亡くなりました、何度かお見舞いに行ったのですが、元気にされていたので、まさか、重病とは知りませんでした。悲しかった。それがわかっていたのならもっと、もっとお話がしたかっつたな。と思いました。でも私の心のなかでは、ずっと生きています。

NHKラジオ第1「ラジオ文芸館」 投稿者:ふきふき 投稿日:2009年6月13日(土) 21時01分57秒 この記事のURL
こんばんは。
今日の午後10時15分からNHKラジオ第1放送のラジオ文芸館で清水先生の「背中」が朗読されるようです。
詳細は下記URLをご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/bungei/

全1417件の内、31件目から40件目までを表示しています。 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ


| トップ | 清水って誰 | 著作リスト | 作品を探す | クイズ | 掲示板 | リンク | 更新メモ |

永遠の清水義範 Shimizu Yoshinori Forever